妊娠したら脱毛はしちゃいけないの?

妊娠したら脱毛はしちゃいけないの?

妊娠中はエステの休会による期間延長をしましょう。

 

妊娠中は施術が受けられないのでしょうか?!

 

脱毛の施術にはレーザーやフラッシュがあり、そのせいで妊娠中はダメなのかな?と思われがちですが、そうではありません。
それらが妊婦さんの体や胎児に悪影響を与えるといった問題ではないのです。
それでは、なぜ妊娠中は断られるのでしょうか?

 

脱毛エステは普通の体の人にとっても、少なからず痛みや刺激を感じるものです。
それらの刺激を妊娠中に受けるとなると、その痛みが陣痛を促しかねないということと、痛みや刺激がストレスとなり、なんらかのトラブルを招く恐れがあるからなのです。
V,I,Oラインなどの施術箇所の問題というわけでもありません。
妊娠中は体調の変化が目まぐるしい為、急に吐き気やめまいなどが起こるようになります。
いわゆる、ツワリですね。
特に妊娠初期は体の変化が著しく変化する時期なので、マタニティエステでさえも控え、妊娠中期になってから受けるようにと指導されるのです。
妊娠後期はだいぶ母体も安定し、気持ちも楽にはなってきますが、大きなおなかでのエステはやはり控えた方が良いと言えます。
ちなみに妊娠中のヘアカラーやパーマも美容室によってはお断りされる場合があります。
敏感になっている肌への負担や、カラー剤などの化学物質が良くないとも言われているからです。
もちろん、長時間同じ体勢で座っていることも負担になります。
でもやはりムダ毛は気になるものです。妊娠中は汗もかきやすくなる為、臭いも気になりますよね。
自己処理するにしても、なるべく痛みの少なく肌に優しい電気シェーバーなどの方法を選びましょう。
永久脱毛に関しては、お金と余裕がある結婚前に済ませておくのがおすすめです。
男性でさえも、ヒゲの永久脱毛をする時代ですが、やはり結婚前に済ませておく人が多いようです。
結婚してからだと、パートナーの理解を得られなかったり、家計のことを考えたら、自分のことは二の次になってしまいますよね。
さらに妊娠してしまったら、エステを控えなくてはならなくなるし、子供が産まれたらと思っても通う暇と金銭的な余裕がなくなってしまうというためです。

子供を両親や友達などに預けてでも行くかとなれば、中々赤ちゃんのうちは、離れることが困難になってしまうものです。

エステ選びは妊娠のことも考えて計画的に。

妊娠中の永久脱毛施術は、ほとんどのエステサロンではお断りされることでしょう。
今後妊娠の可能性が少しでもある場合、エステでの契約にはコースの確認が必要です。
1年間何回のコースなのか、その間妊娠による休会、延長ができるかどうかなどを事前に確認しておかないと、後で損をしてしまいかねません。
サロンによっては、無期限や永久保証のコースがある場合もあるので、よく吟味しましょう。

 

妊娠中はうぶげが濃くなる?

妊娠中は、今までなかった体調や体の変化が現れるようになります。
特に女性ホルモンの影響が大きく、ちょっと毛深くなったり、シミやソバカスが突然できたりきます。
妊娠線も代表的な症状です。
うぶげが濃くなるというのも、みんながみんなではありませんが、出て欲しくない所に出てしまうものです。
例えば乳首やお腹周りといった部分が多いようですが、産婦人科などでの受診の際に恥ずかしいからと、剃ってくるという人もいるようです。
このような症状には、お医者様も看護師さんも見慣れているので、あまり気にする必要はないと思いますよ。
妊娠前にエステなどで永久脱毛した人も、妊娠すると多少毛が生えてきたという場合もあるようですが、元々の太い毛が生えてきたり、毛深くなるほどのではありません。
産後には知らず知らずに抜け落ち脱毛後に戻るはずなので、無理に事故処理は控えた方が良いでしょう。
どうしても気になる方は、肌に優しい電気シェーバーでの処理をおすすめします。
その逆で、永久脱毛していない人が妊娠中に、毛が薄くなるっていうこともあるんですよ。
この場合も、産後は元に戻ってしまうようです。
このように、妊娠中は様々な体の変化で戸惑い悩むことも多いですが、妊婦の勲章だと思って、あまり悩まずに過ごすことがお腹の赤ちゃんにとっても一番だと思います。