脇毛を抜くのは危険。脇脱毛の料金やメリット

脇毛を抜くのが危険な理由

抜くより,1,000円以内で脇脱毛した方がええんちゃいます?

 

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。

 

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。脇毛を抜くのは危険だったって知ってます??

 

 

脇毛って抜くと危険って・・・

 

 

知らなかったぜ・・・


 

そうなのよ・・・

 

 

●肌が荒れる

 

 

炎症を起す

 

 

かゆみが出る

 

 

●つまむところを間違えたら肌に傷がつき

 

 

皮膚は赤くなっちゃう

 

 

埋もれ毛ができて

 

 

皮膚をほじくるようにしなきゃ取れなくて

 

 

皮膚はカサカサになっちゃって・・・


 

毛穴もぶつぶつになったぜ・・・

 

 

しかも、結構目立つし!


 

抜くのは達成感があって楽しいんだけど

 

 

首が疲れるんだよね

 

 

 

数日で処理しないといけないし!


その時は楽しくて達成感があっても、結局は自分の脇の肌を痛めて、脇が汚くなっちゃうんです。

やっぱりプロに脇毛を抜いて貰うのが、一番の近道なんです。

 

絶大な人気がある脱毛サロンがあります。
目的に合ったどちらかに行くのが確実です。

とにかく安く! とにかく早く!

ミュゼプラチナム

>>>詳くはこちら<<

 

とにかく激安!
口コミの評価も高い!
回数も期間も無制限!
全国179店舗!

>>>近くの店舗を探す<<

キレイモ

>>詳細はこちら

 

追加料金なし!
痛くない!
返金システムがある!
全国51店舗!

>>>近くの店舗を探す<<

わき毛抜くのがやめられへんんのは、よ〜〜〜〜わかりますっ!けど、結局、汚くなるだけでっせ?1,000円以内で脇脱毛した方が絶対えぇと思いますけどねぇ。。

 

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。

脇毛を抜くときに気になる脇毛は長い状態で抜くのが一番?本当に??

思春期に脇毛を抜いてみた!あの日の私に伝えたい!

 

思春期になり、中学生の頃に半袖の体操服の袖からちらりと見える脇毛が気になり、剃刀で処理していました。
剃るだけでは脇の下が黒いような気がして気になって仕方ありませんでした。

 

どうしたら綺麗になるかなと思い、脱毛テープやら色々と試してみたのですが、あまりうまく気が抜けない為、毛抜きで一本一本を鏡を見ながら抜いてみる事にしました。

 

最初は「痛い!」と思っていたのですが、段々慣れてくると毛が抜ける喜びとすっきりした気持ちが何だか癖になってしまい、「剃刀で剃る」「残った毛を毛抜きで抜く」というのが定番化してしまいました。

 

確かにその時は綺麗になり、満足していました。

 

が、日に日に抜いた部分の毛穴が「ポツポツ」となってしまい、気が付けば脇の下がざらついたような感じになっていました。

 

しかも脇の下が黒ずんだような感じと脇毛が皮膚の下に埋没してしまい、時には炎症を起こしてニキビのように腫れて赤くなったこともありました。

 

それでも半袖の際の見える脇毛の方が気になってしまい、抜くことをしばらくは辞められませんでした。

 

しかしながら、ある日彼氏に「脇がポツポツしてる」と言われてショックを受け、これはまずいと思いました。

 

そう言われてポツポツが気になった時から抜くのは控えましたが、なかなかポツポツが治るのには時間がかかりました。

 

大人になりお金ができたので、脇脱毛で一番人気でしかも凄く安く脇毛の脱毛ができると評判だったミュゼに行きました。

 

ミュゼは最初の金額だけで、ずっと脇の脱毛をしてくれました。

 

当時500円でしたが、たった500円で2年間通い、今ではツルツルまっちろの綺麗〜〜な脇になり、脇毛を抜くことはなくなりましたが、今はあの頃の思春期の私に「抜くのは辞めた方が良いよ!」と忠告してあげたいです。

 

今では、私がミュゼを勧めるので、脇脱毛したい子はミュゼに行ってみんな綺麗な脇になってます。

 

今も1000円以下で脇脱毛できるのでお得です。

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。

 

 

 

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。
中学生になった頃より脇の毛が気になり出して、夏休みを利用して、友人と遊園地に行くことになったとき、買ったばかりのキャミソールを着るためには脇毛が不要でした。

 

そのため、始めはカミソリで剃ってみたのですが、完璧にはきれいにならずに、これは抜くしかないなと思い、眉毛抜き用のピンセットを用いて抜くことにしたのです。

 

最初はチクチクと痛みが走りましたが、だんだんと慣れてきて次第にどんどんきれいになることが病みつきになってきたのです。

 

しかし、一度カミソリで剃ってしまった脇毛は短いためとても抜きにくく、仕方なく妹に協力をしてもらい抜いてもらうことにしたのです。

 

いくら家族とは言え少し恥ずかしさはありましたが、キャミソールを着るためには仕方がないと腹をくくってお願いしました。

 

一本一本毛を抜くことは大変面倒でしたが、理想的につるつるの脇になり、無事にキャミソールを着て遊園地に行くことができました。

 

しかし今思うと、抜いたばかりの脇は少し炎症を起こしてしまったのか赤みが帯びていて、大人のかたは昨日抜いたなと気づかれたかも知れません。

 

ピンセットを使って一本一本抜くのは大変でしたが、抜けた快感は私はお気に入りです。

 

(35歳OL)

 

毎日脇毛を抜くこと格闘している私の記事

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。

 

私は結構毛深くて足や脇の毛がとても気になっていました。夏は半袖やノースリーブスを着るので、時々見えていないか不安でした。

 

脇毛があると夏の服装も楽しめないしかなり気分が下がります。

 

ノースリーブスを着る時に剃り忘れていたら最悪です。とくに私は毛が濃く太いのでいつも気にしています。

 

着替えの時など女友達の脇を見ていると、脇毛が一本もなくツルツルした綺麗な脇でなんで私はこんなに脇毛生えて汚いんだろうと、いつも女友達を羨ましく思っていました

 

最初は脇の毛を剃っていたのですが、抜いた方が生えにくくなるかも!!と思い今度は抜く方向でいきました。

 

しかし抜いても抜いても毛は減らず、そればかりか数日経つとまたすぐ生えてきてしまいます。

 

抜く時はもちろん自分で抜いているので、ずっと脇を見ながら抜くと首が痛くて毎回毎回大変な思いをしてます。

 

たまに鏡を見ながらやるのですが、それはそれで毛が見えにくくて全然抜けません。

 

抜いた後は毛穴が開かないように氷でしめていたのですが意味がなくてやめました。

 

今も脇毛が一本でも減るように頑張って抜いています。
ネットなどで脇毛が生えなくなる方法や、脱毛器を検索したり自分なりにやれることをやって、近いうちに脇毛が一本もないツルツルで綺麗な脇にしたいです。

 

(19歳)

 

脇毛を抜くと気持ちいいが、人にしてもらうのは要注意!!

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。

 

私はワキ毛がすごく濃くボーボーでずっと悩んでいます。

 

プールは入るの嫌になるし、男の人に見られるのは恥ずかしくて嫌だしどうしようか考えていました。

 

剃ると毛根が残ってしまいきれいにならないので、中学生のころから基本的に抜いて処理しています。

 

ただ、毛の量が多すぎて手がつるし、うまく抜けない毛があったりしてすごくイライラします。

 

抜けない毛が抜けたときの感覚が気持ちよくて続けていますが、旦那さんや子供が見ている前でするのは嫌でみんなが寝てからこっそりやっています。

 

たまにしくじって身をピンセットで挟んでしまったときは悶絶するほど痛いです。

 

1回叫んだことがあったけどそのときみんな飛び起きてしまい悪いことをしたなあって思い反省しています。

 

ただ、ピンセットで脇毛を抜くと肌が弱いせいでまっかっかになってしまい、一日中ヒリヒリします。クリームを塗っても激痛。

 

でも、抜けたときの快感が忘れられなくてやめられません。最近はどうしても抜けないところは旦那さんにしてもらっていますが、ちょっと嫌がられています。

 

しかもわざと身を挟んでくるという嫌がらせまでしてきます。楽しんでしてくれているので許していますが、加減してくれないので痛いです。でも抜くと剃るよりキレイにはなるのでこれからも続けていきます。

 

(23歳)

 

脇毛を毛抜きで抜くって楽しいよね!でも、脇毛を抜くのが正しい脇毛処理方法じゃないって知ってる?

女子なら毛抜きの1つや2つ化粧ポーチに入っていると思いますが、その毛抜きを使って、ついついしてしまうこと、そう、脇毛を毛抜きで抜くことです。
この毛抜きで脇毛を抜くという行為、案外癖になってしまっている女性が多く、毎日「脇毛生えてないかな〜」と脇毛を抜くのを楽しみにしている女性も少なくありません。

 

確かに、私も毛抜きで脇毛を抜いていた時期もあります。
だけど、何も考えず趣味のように毛抜きで脇毛を抜くことをしていると、実はその行為が脇の肌のトラブりをまねき、肌荒れを起こしてしまいかねないのです。

 

そこで、どうしても毛抜きで脇毛を抜きたい女性のために、脇毛の正しい自己処理の方法と、その後のケアをお話ししたいと思います。

 

少し気を付けるだけでも、脇の肌トラブルを防ぐことが出来ると思いますので、よかったらお読みくださいね。

 

女性なら誰もが気になる脇毛。みんなの自己処理方法しりたい?

今や、初めて脱毛サロンに行こうと思うきっかげが脇脱毛だったよ〜という女の子が多いほど脇脱毛が人気になっています。
脱毛サロンで脇脱毛を知る前は、自分で脇毛の処理をしていた方がほとんどだと思います。

 

自分で脇毛を処理するときは、抜くか剃るか、の2通りになるのではないでしょうか?

 

初めて毛抜きで脇毛を抜いた時、脇をつまんで首をかしげ頑張って抜いて、綺麗になっても埋没毛ができてしまったり、赤くなってしまったり・・・
カミソリで脇毛を剃るのも、面積が小さいから思うようにさっさとそれないし、平ではないから、刃が柔らかい肌を傷つけ、怪我をしてしまった女性もいると思います。

 

そんな脇毛の自己処理の苦い経験に基づいて、脇毛の処理やその後のケアについて書いていきますね。

脇毛を抜くか剃るか、プロに頼むか、どうする???

ムダ毛処理、あなたはどうしていますか?特に女性にとって、脇毛はノースリーブなどの露出の多い夏の季節になると気になりますよね。
さて脇毛処理には色んな方法がありますが、正しい知識を持って処理しないと、肌を傷つけるといったトラブルの原因となります。
それでは、どのような処理法があるのかご紹介しましょう。

 

脇毛を抜くか剃るか

まず身近な方法として思いつくのが、抜く剃るではないでしょうか。コストもかからないので、両方行っている方も多いはず。
ここで、注意!抜く行為は大変危険です!

 

体のどこの毛でも同じですが、ムダ毛を抜くことで、肌に相当のダメージを与えることになるのです。
根こそぎって感じで、良いのでは?と思いがちですが、実は抜くことで皮膚が引っ張られ、下部分が傷ついてしまうのです。
抜く行為を続けていると、皮膚がザラザラとした感触になったという人も多いのではないでしょうか。
これは「埋没毛」といって皮膚に毛が埋もれてしまっているのです。
こうなってしまったら、元の皮膚に戻すには相当な時間が必要です。皮膚を切開しなくてはならなくなる場合もあるので、抜くことはおすすめしません。
抜くか剃るか、迷わず剃って下さい。

 

脇毛処理の注意点

それでは脇毛を剃る場合に気をつけなければいけないことをご紹介します。

 

・お風呂で処理する時

 

ほとんどの方がお風呂で処理するのではないでしょうか。実はとても危険なのです。
シャワーや湯船に浸かった皮膚は通常より柔らかい状態になりますよね。この時に脇毛を剃ってしまうと、大事な角質までこそげ落としてしまう場合もあるのです。
かといって乾いている状態で剃ってしまうと、肌が傷付いてしまうので、ワセリンなどの刺激の少ない軟膏を塗ってからカミソリをあてましょう。

 

脇毛処理のタイミング

とてもデリケートな肌は、処理するタイミングによっては、肌を傷つけるだけでなく炎症を招いてしまいます。
風邪などで体調が万全な状態でない時は、体がウイルスや細菌と戦っています。抵抗力が弱っている時に脇毛を処理するのは控えましょう。

 

脇毛の処理に使う道具

 

脇毛処理の道具には、様々な種類があります。薬局などでもたくさんあるので、どれが良いのかと悩みますよね。
それぞれメリットとデメリットがあるので、それを踏まえてあなたにあった方法を選んで下さい。

 

・カミソリ
一番簡単に手に入り、使用している人も多いのではないでしょうか。
メリットは、低コストであることと、一気に処理できるところです。
デメリットとしては、刃が直接肌に触れるので、肌を傷つけやすいこと。また何度も剃っていると、皮膚が段々青くなってしまうことがあります。

 

・電動シェーバー
こちらは、男性の髭剃りと同じような電動シェーバーで、カミソリに比べたら少々お高めですが、手が届かない程でもないので使用している方も多いです。
メリットは、皮膚に優しく肌が比較的弱い人でも安心して処理できるところです。
デメリットとしては、中々隅々まで処理できず、細かなブツブツが残ってしまうことがあります。

 

・家庭用脱毛器
ネット通販などで見たことがあるって方もいるでしょうが、あまり見たことがない人の方が多いかもしれません。
メリットとしては、高い脱毛効果と肌への刺激が少ないというところです。
また、女性が多い家族ならばみんなで共用できるので長い目で見れば良いと思います。
デメリットは、やはり高額なので中々手を出しにくいところ。わざわざ買わなくても、もっと手軽にと思ってしまいますね。

 

・除毛剤
カミソリの次に試したことがあるって方も多いでしょう。薬局などでも手軽に手に入ります。
メリットは、塗った部分の隅々まできれいに処理でき、流すだけの簡単なところです。
デメリットは、一時的に除毛されているので、すぐに毛が生えてきます。一度のコストはさほどでもないのですが、毎回となると経済的ではないと言えます。

 

いかがでしたでしょうか。色んな道具と方法がありますが、あなたにあった方法で使用して下さい。

 

カミソリで処理する時の注意点

 

色んな道具と方法がありましたが、やはりカミソリで処理するのが一番簡単で経済的だといえます。
それでは、カミソリを使用する際の注意点をご紹介します。

 

処理するカミソリは、なるべく新品を使用して下さい。何度も使っているカミソリだと、刃こぼれを起こしている恐れがあります。
剃り残しが目立つからといって、何度も刃をあててしまうことになり、肌が傷付いてしまいます。

 

またカミソリの刃からの負担を考えて、ワセリンや専用の軟膏を塗ってから処理しましょう。
剃り方は毛流れに沿って、何度も刃をあてずに1、2回位で済むように剃るようにして下さい。また同じ部分を何回も刃をあてないようにすることが大切です。

 

・カミソリ処理のアフターケア
カミソリ処理後は、かなり敏感になって負担がかかっています。まずはすぐに冷やして下さい。
冷やしてあげると、皮膚が引き締められ炎症を抑えてくれる効果があります。
その後も大事です。保湿性の高いクリームを塗って保護して下さいね。
剃ったらそれで終わりではありません。処理後のお肌のケアも忘れずにしてあげて下さい。

脱毛エステサロンと医療脱毛クリニックの選び方のポイント

○数ある脱毛エステサロンや医療脱毛クリニッの中から、どんなポイントで自分にあった施設を選べばいいのか迷いますよね。そこで、知って得する、脱毛エステサロンと医療脱毛クリニック選びのポイントをご紹介します。

 

【大手脱毛エステサロンや有名医療脱毛クリニックなど知名度の高さ】
脱毛エステサロンや医療脱毛クリニックが、脱毛施術を行うにあたって、お客さんや患者さんのお肌に、万が一のことがあってはいけません。脱毛エステサロンや医療脱毛クリニックを選ぶポイントとして、当たり前のことのようですが、施術の品質と安全性が守られているかどうかは大変重要なポイントです。脱毛ができる施設は数多くありますが、その中でも、大手企業が展開している脱毛エステサロンや、有名な医療機関の運営する美容外科などは、徹底された教育方針の元、専門スタッフによる確かな技術と、脱毛マシンの性能の良さを維持しているため、社会的にも高い評価と信頼を得ています。
また、脱毛には長い期間とお金をかけて通う必要があります。契約期間中に、安心して通い続けることができるかどうかは、脱毛エステサロンや医療脱毛クリニックを選ぶ際に大きく関わってきます。大手脱毛エステサロンや有名医療脱毛クリニックが選ばれるには、このような理由や背景があるようです。

 

【予約の取り易さ】
脱毛は、毛の周期に合わせて、ある程度の期間をかけて通う必要があります。ただし、3ヶ月空けるところを1年近く放置してしまうなど、あまり期間を空けすぎても、脱毛効果が半減してしまう場合もありますので、注意が必要です。しかしながら、何ヶ月先のスケジュールを立てるのは、なかなか難しいことですし、先々で予約を変更したい場合もあるでしょう。そのため、脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶ際は、予約の取り易さもひとつのポイントになります。
たとえば、全国展開をしている某大手脱毛サロンは、店舗や予約日時を変更する場合、前日までであれば、キャンセル料金はかかりません。また、人気脱毛サロンがゆえに、予約が込み入っている場合もありますが、予約の空き情報をアプリで通知するシステムを採用するなど、予約が取り易くなるような、様々な工夫を各脱毛サロンで提案していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

【店舗展開数の多さ】
脱毛をスムーズに進めるためには、毛周期を考慮しながら、次回はいつ脱毛施術を受けるのか、しっかりとスケジュールを立てることが大切です。しかしながら、予定通りに脱毛を進めたくても、希望する店舗の予約がいっぱいで、その先もなかなか空きが出そうにない…というケースも、実はよくあることです。そこで、店舗数が多く、いざという時に場所を変更できるかどうかも、脱毛サロン選びのポイントになります。普段の生活行動範囲内に、行きつけの脱毛サロンがあれば便利ですよね。自宅や通勤先から通い易い、駅近のサロンを選ぶという人も多いのではないでしょうか。さらに、行きつけの脱毛サロンに加えて、選べる店舗が他にもあれば、第1希望の店舗が予約でいっぱいでも、第2、第3と他の店舗を選ぶことができるので、脱毛スケジュールをより実現しやすくなります。

 

【返金保証の有無】
脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通うためには、長い期間とある程度のお金がかかります。ワキ脱毛のみの部分脱毛を選択したとしても、施術期間は、少なくとも1年以上はかかります。ところが、女性は妊娠など様々な事情により、脱毛施術の継続が難しくなる可能性が十分に考えられます。そのような場合、返金保証があるかどうかは、大変重要なポイントです。契約回数を残した状態で、止むを得ず解約せざるを得ない状況でも、返金保証があれば金銭的リスクを抑えることができるので安心です。
ちなみに、契約回数の他に、契約有効期限についてもきちんと把握しておきましょう。回数が残っているのにも関わらず、有効期限が短く、期限内に回数を消化できないケースもあるので注意が必要です。

 

【期間・回数が無制限】
脱毛の効果を実感できるまで、それぞれの個人差により、期間も回数も違いがあります。数回の施術で、早くも効果を実感できる人もいれば、そうでない人も、もちろんたくさんいます。どちらにせよ、脱毛回数が少しでも多い方が、より高い効果を期待できそうですよね。しかし、脱毛回数を増やすには、その分追加料金が発生してしまいます。そのため、期間・回数ともに無制限、追加料金も一切不要なサロンは、大変良心的でお得ですのでオススメします。

 

 

 

○初めてだからこそ、ワキ脱毛についての疑問や不安はたくさんありますよね。そこで、ワキ脱毛をはじめる前に、知っておきたい7つの注意点をご紹介します。

 

1. 脱毛は1回では完了しません!
脱毛は、1度の施術で完了するわけではありません。個人差はあるものの、複数回通う必要があります。たとえば、ワキ脱毛の場合、一般的に医療脱毛クリニックで5〜6回、脱毛サロンで12〜18回の脱毛施術が必要です。ただ、毛量が多い場合は、その分回数が増える可能性もあります。そのため、少しでも早く脱毛を終わらせたいという希望が最優先であれば、脱毛サロンよりも少ない回数で脱毛効果が得られる医療脱毛クリニックでの施術をオススメします。
また、施設によっては、脱毛価格を通常よりかなりお得に抑えたキャンペーンを実施しているところもあります。脱毛回数は複数回に及びますので、このようなキャンペーンを実施している施設を選んで、費用をお得に抑えるのもひとつの方法です。ただ、キャンペーンの対象は初回費用のみなど、内容は様々ですので、カウンセリングの際に詳しく確認することが大切です。

 

2.  永久脱毛にこだわるなら医療脱毛を選びましょう!
脱毛には、美容脱毛と医療脱毛があり、一般的に「永久脱毛」ができるのは、医師が行う医療脱毛のみです。医療脱毛は、施術の際の照射パワーが強いので、美容脱毛に比べて脱毛期間も短く、脱毛効果もしっかり実感できます。「少しでも早く、効果の高い脱毛」「永久脱毛」にこだわるなら、医療脱毛をオススメします。一方で、脱毛エステや脱毛サロンで行う美容脱毛の施術は「制毛処理」と呼ばれています。つまり、脱毛サロンで行う施術は、一時的に毛の成長を遅らせるもので「永久脱毛」ではありません。しかしながら、回数を重ねるごとに、ムダ毛は徐々に薄く目立たなくなりますので、脱毛サロンの「制毛処理」でも、ある程度満足できる効果を期待できるでしょう。

 

3. ワキ脱毛とワキ汗の量は関係する?
ワキ脱毛をすることで、ムダ毛がなくなり、その分、皮膚にそのまま汗が滴ります。その実感として、「ワキ脱毛をしたらワキ汗がひどくなった」と感じる人も多く、中には、ワキ汗が増えるという誤解が生じることもあるようです。脱毛前よりワキ汗が気になるようになった場合は、小まめに拭き取るなどのケアを心がけるようにしましょう。また、脱毛後は、肌の乾燥を防ぐため、十分な保湿ケアもあわせてオススメします。

 

4. 脱毛の痛みはどの程度なの?
「脱毛って痛そう…」そんな不安を感じる人も多いのではないでしょうか。最近の脱毛サロンでは、脱毛装置の改良により、痛みが軽減できるようになったので、ほとんど痛みを感じないという人も多いです。特に、ワキなどの範囲が小さい箇所は、痛みも瞬間的なので、あまり心配する必要はありません。ただ、医療脱毛では、より効果のある強い照射レーザーを当てるので、その分痛みを強く感じます。痛みを感じる程度は、毛量や肌の状態など、個人差によって異なります。そのため、都度、麻酔クリームや麻酔注射などを使用して、痛みを軽減する工夫を行なっています。不安であれば、医師やカウンセラーにどの様な処置があるのか相談してみたり、脱毛お試しキャンペーンを活用してみるのもいいかもしれません。

 

5. 脱毛中の日焼けはNG!
光やレーザーを照射するタイプの脱毛施術を受ける場合、その期間中の日焼けは禁物です。光やレーザーは、メラニン色素など黒色に反応する性質があります。そのため、光やレーザーを毛だけでなく、日焼けや色素沈着した黒い肌に照射すると、通常の肌の状態よりも痛みが強くなります。また、皮膚に対して熱エネルギーが吸収されることによる、火傷のリスクを伴います。 脱毛施術を受ける場合は、ワキ脱毛に限らず、どの部位でも日焼けや肌荒れに気をつけておくことが大変重要ですので、日頃から十分注意しましょう。

 

6. 脱毛前はムダ毛の自己処理が必要!
脱毛を受けるためには、施術の前日までに、電気シェーバーなどでムダ毛の自己処理を済ませていく必要があります。ムダ毛が残っていると、脱毛装置による照射がうまくできません。その場合、サロンによっては、有料でシェービング、もしくは脱毛施術をしてもらえないこともありますので、必ず前日までに自己処理を済ませておきましょう。

 

7. 医療脱毛は保険適応外
脱毛などの再現性が低い施術や、最先端の医療行為は、自由診療に分類されるため、保険適用外となります。施術費用が高額になってしまうのはそのためです。

 

 

 

○脱毛する前に知っておきたい、脱毛サロンに関する疑問をQ&A方式でご紹介します。

 

Q.美容脱毛(脱毛サロン)と医療脱毛(クリニック)の違いは?
A.美容脱毛(脱毛サロン)と医療脱毛(クリニック)の違いは、「永久脱毛」が可能か、そうでないかという点です。「永久脱毛」は医療行為であり、施術をできるのは医師だけです。クリニックで使用するレーザーには、毛根組織を破壊し永久脱毛を実現するのに十分なパワーがあります。それに対し、エステサロンの美容脱毛は、医療行為ではないので、フラッシュの出力が弱めに抑えられています。少しでも短い期間で、効果の高い脱毛を求めるなら医療脱毛をオススメしますが、脱毛サロンや脱毛エステにも、費用の安さや、痛みがほとんどないなど様々なメリットがあります。それぞれのメリットとデメリットをよく理解し、自分の予算や目的に合った施設を選びましょう。

 

Q.脱毛サロンの脱毛は「永久脱毛」ではない?
A.脱毛サロンの脱毛は「永久脱毛」ではありません。脱毛サロンで行う施術には、毛根を弱らせて毛を生えにくくする作用はありますが、毛根を破壊することはできないのです。毛根を破壊し、「永久脱毛」の施術ができるのは、医療機関の医師だけです。サロンやエステで受ける美容脱毛のほうが、比較的安い費用で済みますが、もし、ワキ脱毛だけを考えているのならば、脱毛期間も短いうえに「永久脱毛」を実現できる医療脱毛を選ぶのもいいかもしれませんね。

 

Q.脱毛サロンで、解約やクーリングオフはできる?
A.脱毛サロンでのクーリングオフや、契約途中の解約については、それぞれに定められた条件を満たしていれば可能です。たとえば、金額が5万円以上かつ、期間が1ヶ月以上の契約で、契約をした日から8日以内という条件を満たせば、他に特約がない限りは、お店に出向かなくても郵送などでクーリングオフをすることができます。
脱毛施術を受けるにあたり、高額で長期間に及ぶ契約になることが十分に考えられます。契約内容と合わせて、特約やサロン独自の規約の有無についても、医師やカウンセラーに事前に相談した上で、しっかりと確認することが大切です。
ただし、医療脱毛は、医師との医療契約に該当するため、クーリングオフ制度の対象外になりますので注意してください。

 

Q.脱毛サロンは予約が取りにくい?
A.人気の脱毛サロンは、予約が取りづらい場合もあります。そのため、各サロンによって、予約が取り易くなる工夫をしています。たとえば、専用アプリから、希望日時の空き状況を通知してくれる便利なサービスを提供しているサロンもあります。また、店舗展開数の多いサロンは、希望の店舗が予約でいっぱいだった場合も、他の店舗へ変更する選択肢が増えるので便利です。あくまで一例ですので、気になる脱毛サロンの予約システムを確認してみてくださいね。

 

Q.脱毛サロンで強引に勧誘されることがある?
A.悪質な勧誘は法律で禁止されているので、強引な勧誘をする脱毛サロンはほとんどありません。ただ、脱毛サロンもビジネスとして展開している以上、ある程度の商品説明を受けることは理解しておいてください。
しかし、場合によっては、悪質な店舗で強引な勧誘を受け、契約問題に発展してしまう事例も皆無ではありません。検討しているサロンについて、勧誘事例がないかなど、事前に情報収集を行うことも必要です。

 

Q.脱毛サロンに年齢制限はある?
A.一般的に、脱毛施術に年齢制限はありません。ひとつの指標として、生理が始まる年齢(14歳?15歳)から施術を受け付けているサロンが多いようです。なかには、3歳から通える子供専用の脱毛サロンもあり、未成年で生理が始まっていなくても脱毛施術が可能です。小さい頃からバレエやスイミングなど、習い事をしているお子さんの利用が多く、背中やワキ脱毛のコースが人気のようです。もちろん、施術を受ける人が未成年の場合は、保護者の同意が必要になります。脱毛サロンでの施術は痛みも少ないので、子どもでも安心して通うことができるようです。

 

Q.脱毛施術ができない場合もある?
A. 様々な理由により、脱毛施術ができないと判断される場合もありますので、具体的にいくつかご紹介します。

 

・妊婦中の場合
妊娠中は、ホルモンバランスの乱れによって脱毛効果が正しく得られなかったり、痛みが母体にストレスを与えてしまうなどのリスクが懸念される為、基本的に施術を受けることはできません。

 

・日焼けや傷の跡がある場合
脱毛施術で使用される光やレーザーは、皮膚上のメラニン色素や黒色に反応します。そのため、ムダ毛以外に、日焼けや傷の跡がある場合、光が反応して火傷を起こしてしまう可能性があります。

 

・薬を服用している場合
薬の中には、脱毛レーザーに過敏に反応して副作用を引き起こしてしまうものがあります。副作用を防ぐため、薬を服用中の場合は、必ず医師やカウンセラーに相談しましょう。

 

 

 

○まとめ
女性としてキレイを維持するために、脱毛は欠かせないと言っても過言ではありません。自己処理で十分と思っていても、剃り跡が傷になっていたり、剃り残しがあってガッカリ!なんてことも、経験済みという方は多いのではないでしょうか。できれば、そんなムダ毛の処理や悩みから解放されたいですよね。そんな方々に向けて、脱毛にまつわる詳しい情報提供を続けていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

脇毛 抜くのは危険らしいけど、でも脇毛 抜くのはやめられないくらいにハマるんだよ!

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。
脇毛を抜くって体力勝負なところがある!

 

もともと毛深かったので、脇毛の処理をしても処理をしても脇毛がすぐに生えてきてしまっていました。

 

夏場のノースリーブなんか絶対に着れません。

 

チクチクとちょこっと毛が生えてきてしまっているのではないかとか、あの人毛の処理してないんだとか、異性からの目線が気になって、色々気にして妄想してしまいます。
電車のつり革につかまるのも怖くて、躊躇してしまいます。

 

そういうこともあって、カミソリで剃るより毛を抜いた方が長持ちするんじゃないかと思い、1本1本毛抜きで綺麗に抜いていました。
洗面台の鏡を占領して脇を見ながら丁寧に抜いていく。
癖になって毎週のように処理していました!

 

ただ、鏡を見ながら抜くにしても、ずっと脇の下を見ながら毛を抜くのって、体勢がつらくてつらくて。
脇を上げっぱなしにしているのも疲れるし、脇を見てると首がかなり痛くなってきてしまう。

 

首がつったことが何度もありました。
しかも、毛深いし両脇を抜くとなると1、2時間普通にかかってしまいます。

 

手抜きしてもいいんだけど、ずっと抜いているとちょっとした毛の残りも気になってきてしまう!
なので、とても綺麗に抜いていました。

 

だからか、抜いた後の脇の下をみると達成感があります。
ただ、抜いた後、脇の肌が荒れやすくて困ります。

 

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。
わたしが脇毛を抜いた時の体験談

 

私は昔脱毛に通っていたのですが途中で妊娠してしまったということもありやめてしまいました。
だけど私は昔から毛が人よりこいいのがすごく嫌で悩んでいました。
そういうこともあり脱毛を毎月していました。

 

だけど途中でやめたしまったこともあり、毛は少ししか薄くならず脇などつるつるにならず結局そってはダメなのですが生えてくるのでそるしかなく脱毛をしたことは諦めて毎回そってました。
だけど剃るのがめんどくさくなり、抜いた方が生えてからそるまでの期間が長いんじゃないかと思い脇毛を抜いていました。
抜く時はすごく痛いし自分で見ながら抜いていたのでとても肩がこりすごく大変でした。
しかもつまむところを間違えたら肌に傷がつきとてもいたかったです。お風呂に入った時もしみて最悪でした。

 

だけど数日たってみるときのせいかはわかりませんが抜いたところからの毛が少し薄くなっているような気がしました。
今現在妊娠しているのでホルモンの乱れからだったらわからないのですが抜いた方がよかったなとかんじます。
それから1回抜いた後はあまり生えなくなったのでたまぁにカミソリで剃るくらいしかしていません。
案外脇毛をぬいてよかったなと実感しています。

 

脇毛を抜くって本当は危険。脇脱毛するのがやっぱり良い理由。
脇毛 抜くのがマジ趣味の剛毛女子の大学1年生の石原さとみです。毎日、鏡を見ながら脇と毛抜きを駆使し、1本1本きっちり、脇毛を抜いています。本当に快感!辞められないとまらない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴